骨粗鬆症
牛乳コラム

骨粗鬆症と牛乳

牛乳が骨粗鬆症にさせるって本当!?

骨粗鬆症

牛乳が骨粗鬆症の原因に!実は、骨粗鬆症の治療には牛乳が良いかどうか、意見が二分していたのです。
牛乳が骨粗鬆症に悪い影響を与えるというのはどういうことなのでしょう?

骨粗鬆症と牛乳についてご紹介します。

骨粗しょう症と牛乳の関係性

骨とカルシウムと牛乳の関係骨粗鬆症予防に欠かせないミネラルであるカルシウムを多量に含む牛乳は、今や学校の給食には必須となっており、骨を丈夫する働きがあることや体に良いという概念が私たちの中にはインプットされてありますよね。
そして勿論、骨粗鬆症になった場合や予防に対し、医師も牛乳や乳製品の摂取を促します。
まさか牛乳が体に悪影響を与えているなんて考えもしませんよね。

牛乳否定説

牛乳の悪影響が囁かれている内容として、牛乳に含まれるカルシウムは他の食品に含まれているカルシウムよりも体内への吸収率が良いとされているのですが、この説はどうやら少し違うようなのです。
私たち人の体に流れる血液のカルシウム濃度は一定になるように調節されています。
しかし、牛乳を摂取すると血中カルシウム濃度は著しく高まります。
そこで体は高まったカルシウム濃度を正常に保とうとし、余分なカルシウムを腎臓から尿と一緒に体外へ排出する働きを見せます。
結果、骨のためにカルシウムを摂ろうと摂取した牛乳は、反対に体の外にカルシウムを排出し、体内のカルシウムを減少させてしまうというのです。
このため、牛乳を多量に摂取している海外の諸国では骨粗鬆症が多いとも言われています。
日本人の場合は牛乳を飲む習慣がなく、カルシウムとして摂取してきた小魚などには急激にカルシウムを高める効果がないため、骨粗鬆症が少なかったとされています。

また、牛乳の摂取は健康障害を引き起こすとも考えられています 牛乳貧血という病気があるのをご存知ですか?
牛乳の中に鉄分が欠乏しているために小児が貧血を起こすことがあります。
牛乳を摂取することでカルシウムを摂り込みますが、骨や歯をつくるマグネシウムが欠乏することで鉄などミネラルの吸収が障害される場合があります。
貧血は、集中力の低下やめまい等の症状を引き起こします。
他にも、牛乳や乳製品に含まれるガラクトースは分解することが出来ず、眼球内の水晶体に蓄積されることで白内障を起こすという話もあるようです。

牛乳肯定説

牛乳が体に悪いという確証はなく、明確に解明されたものではありません。
また、牛乳や乳製品が骨粗鬆症を引き起こすというような報告はされていないと言われています。
牛乳の摂取を止めることよりも牛乳を飲むことがカルシウム摂取になり、骨粗鬆症予防に効果があるという研究結果の方が多く報告されているようです。
日本では、牛乳などの乳製品を多く摂取すると幼少時期の骨密度の増加を促進し、中高年層の女性には閉経後の骨密度減少を抑制する効果があると、厚生労働省科学研究(平成14年調べ)により検証報告が行われています。
なので、今時点では牛乳が骨粗鬆症を引き起こすという説は、科学的に立証できない意見であると考えられています。

日本では一日のカルシウム摂取量が最低摂取量にも達していないため、牛乳の摂取とは反対にカルシウム不足が心配されています。
カルシウムが欠乏している状態では、骨内に蓄えたカルシウムが溶け出していくため、骨粗鬆症発症の原因となります。

【骨粗しょう症ゼミ】コンテンツ分類
  • 【骨粗鬆症の原因/症状】年齢だけが発症する要因なのか、原発性・続発性などの症状の種類と共に確認
  • 【骨粗鬆症の検査/治療・予防/対策】病院での診断・治療・自宅でもできる食事・運動療法などの生活改善
  • 【骨粗鬆症と関係する疾患】歯周病や糖尿病などの病気と圧迫・大腿骨頸部・コーレス骨折について
  • 【コラム】骨粗鬆症と牛乳・骨密度・女性ホルモン・年齢や入院との関係
【骨粗しょう症ゼミ】コンテンツメニュー
当サイトへ広告掲載ご希望の方