骨粗鬆症
食事療法骨粗鬆症の検査/治療・予防/対策

骨粗鬆症の食事療法

骨を守るには食事が大事!

骨粗鬆症

骨粗鬆症予防には食事療法骨粗鬆症の改善には骨密度の増加を助ける食事が欠かせません。
どのような食材にカルシウムが多量に含まれ、摂取するのが良いのか?

また、インスタント食品の取り過ぎは何故いけないと言われているのでしょう?

ミネラルが骨をつくる!

骨の形成に不可欠なミネラル日本人におけるカルシウムの必要所要量は600mg/日とされていますが、日本全体として見ると不足気味と言われています。
高齢者と呼ばれる人たちの1日のカルシウム摂取量は約800mgで、プラスマイナス0となるため、常日頃から乳製品や小魚などからのカルシウム摂取や、体内でのカルシウム吸収率を高めるビタミンDを豊富に含んでいる食材(サバやイワシ等の青魚、椎茸など)の摂取も重要です。

カルシウムだけを摂取しても、ビタミンDの働きがなくては体内で吸収されません。
バランス良く摂取することで、腸からのカルシウム吸収率が良くなります。
摂取したカルシウムを骨に沈着させるには、ビタミンK2の働きが必要になります。
ビタミンK2の栄養素を大変多く含む納豆は、骨粗しょう症予防に役立つでしょう。

タンパク質の過剰摂取は、カルシウムの吸収率を低下させます。毎食時にはカルシウムを多く含んだ食材を使ったおかずを摂るように心がけましょう。
また、タンパク質の摂取量が不足していると骨量の低下を助けてしまうので、食事量が少なくなりがちな高齢者には気を付けましょう。

骨粗しょう症予防に気合を入れ、カルシウムのみを過剰摂取すると“高カルシウム血症”という疾患を併発させ、更に高カルシウム血症が重症化した場合は脳の機能障害や腎不全、骨軟化症といった様々な疾病が伴うケースがあります。
慢性化すると、カルシウムを含有する腎結石をつくってしまう場合があります。
骨粗鬆症により、医師からカルシウム製剤などを処方され服用していても、カルシウムのサプリメントなどを購入し服用している人が高カルシウム血症を発生しやすいようです。

カルシウムを豊富に含む食材

しらすや煮干などの小魚、豆腐等の大豆製品、さくらえび、チンゲン菜、牛乳・チーズなどの乳製品、わかめ等の海藻類に多量に含まれています。
また、ふりかけ等のカルシウムを補助してくれる食品を食事で取り入れるのも良いでしょう。

調理の際、味付けが濃いと塩分の摂取し過ぎる結果になります。
塩分は尿からのカルシウム排出を促してしまいます。
小魚などは骨ごと食べられるため、カルシウムの強化に良い食材ですが、干し物には塩分が多く含まれているので摂り過ぎには気を付けましょう。

ビタミンDの含有量が多い食材

しいたけ、レバー、サンマ、バター、鮭、カレイ、卵黄などの食材にビタミンDは多く含まれています。

ビタミンDの敵となるはアルコールです。
アルコールの過剰摂取はビタミンDの作用も抑制してしまいますので、適度な飲酒を心がけましょう。

ビタミンK2を多く含んだ食材

ビタミンK2は納豆、ブロッコリー、ニラ、キャベツ、ほうれん草などに多く含まれています。

インスタント食品は骨に悪い?

高齢の独居老人の中には、食事をインスタント食品に頼る人も居るようです。
しかしインスタント食品の中には、尿からカルシウムを排出させてしまう“リン(リン酸塩)”が豊富に含まれて居ます。

リンを多く摂取すると、カルシウムの沈着や骨量の増加を妨げ、骨量の減少を引き起こします。
リンを多く含むものは、インスタント食品の他にもスナック菓子や炭酸飲料、練り物などの加工食品です。

【骨粗しょう症ゼミ】コンテンツ分類
  • 【骨粗鬆症の原因/症状】年齢だけが発症する要因なのか、原発性・続発性などの症状の種類と共に確認
  • 【骨粗鬆症の検査/治療・予防/対策】病院での診断・治療・自宅でもできる食事・運動療法などの生活改善
  • 【骨粗鬆症と関係する疾患】歯周病や糖尿病などの病気と圧迫・大腿骨頸部・コーレス骨折について
  • 【コラム】骨粗鬆症と牛乳・骨密度・女性ホルモン・年齢や入院との関係
【骨粗しょう症ゼミ】コンテンツメニュー
  • 骨粗鬆症の治療法 - 日光浴/理学療法
  • 骨粗鬆症と牛乳 - えっ!?牛乳の飲みすぎが骨粗しょう症に!?
注目記事(骨粗しょう症ゼミ)ランキング